Blogブログ

牛肉と大豆の野菜煮2021.03.20

こんにちは。管理栄養士・減塩料理家の若子です。

減塩の味方「ホットクック」を使って作る簡単おかずをご紹介します。
材料をホットクックに入れて加熱するだけで作れるので、火加減などの調整も必要ありません。

材料(4人分)
・牛ももブロック肉・・・240g
・玉ねぎ・・・100g(1/2個)
・にんじん・・・100g(小1本)
・セロリ・・・100g(茎1/2本)
・えのき・・・100g(小1株)
・大豆 水煮缶・・・110g(1缶)
・水・・・80ml
・塩・・・小さじ2/3
・黒胡椒・・・適量
・乾燥パセリ、乾燥タイム、乾燥オレガノ・・・合わせて1〜2gほど

作り方
① 牛もも肉は大きめのひと口大に切る。玉ねぎはひと口大に切り、にんじんとセロリは半月切りにする。えのきはざく切りにする。
② ホットクックの釜に、野菜類 → 牛肉 → 塩・黒胡椒・ハーブ → えのき → 水の順に入れる。ホットクックにセットする。
③ 手動で作る → 無水で茹でる → 60分

栄養価(1人あたり)
エネルギー:218kcal
たんぱく質:16.5g
脂質:12.5g
炭水化物:10.0g
食塩相当量:1.3g

この料理について
牛肉のほか、豚もも肉や豚ひれ肉でもおいしく作れますよ。
今回はえのきを使用しましたが、しいたけ、まいたけなどを使用するのもおすすめです。きのこを入れることで、きのこからのうま味が加わり減塩でもおいしく満足のいくおかずを作ることができます。

また、ハーブもお好みの種類に変更可能です。3種類ほど組み合わせて使用することで、風味が豊かになるので、ぜひ組み合わせてみてください。
パセリ、タイム、オレガノ、バジル、イタリアンパセリ、ローリエなどからお好みのハーブを組み合わせるのが良いと思います。

さらに、大豆を入れることで、食物性のたんぱく質、食物繊維、カルシウム、鉄分を補給できます。
大豆自体のマイルドな味わいとほくほく食感も、全体の味を奥深くしてくれますよ。

料理は自由であなたのもの
今回ご紹介した料理ですが、冷蔵庫の中を見た時に、レシピ通りの材料があるとは限らないですよね。

私は、レシピはあくまで道筋だと思っています。
「えのきは無いからしいたけにしよう」、「このにんじん大きいけど全部入れちゃおう」とか、ぜひ、ご自身好みにアレンジしていただけたらとても嬉しいです。

本当にみなさまにとって日々作ってもらえる料理にするためには、自分好みにアレンジしやすいレシピのご提案が必要だと考えており、今回もそんな思いで作りました。

ぜひ、お試しください。

BACK TOP LIST